忍者ブログ
「ラ・チエルアルコ」企画もろもろの制作日記です。
2018/02
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは!
「reddish brown」をご拝聴してくださり誠にありがとうございました!
さてさてさてさて、完了記念ということで、裏話(?)を書いていきますよ*^^*

裏話を書いたところでなぞなことは謎なままなのですがね・・・笑
キャラ名の由来やら面白く書いていけたら・・・いい・・・なヽ(*´∀`)ノ

ちなみに、だいぶ前に書いたものなので・・・なんだろう、読みにくかったらすみません><


それでは、↓の「裏話!今更。。。。」よりどうぞ!※ネタバレ有り


・全体のお話。
実はこの物語の原作は虹が中学の頃に書いていた小説です。かなり昔。。。(厨二病?!笑)
1話完結で、何個かお話があったのですけれど、
データが全て消えており、残ったのはイラストのみ。
少年とカラスが描かれておりました。
記憶をたどって、思い出したお話が、クライアント同士の相撃ちの話でした。
二人のクライアントが同時(1、2日のズレ有り)に少年に依頼したんですね。
ですが、お話的にすぐに終わってしまいそうだったし、
「悲劇」にしたかったので、クライアント=友達にしようと思ったのです。
が、お風呂に浸かってもんもんと物語の内容をねっていると・・・・
魔が差しました。そして、あの物語になりました。
少年とカラスには名前があったのですが、その名前も忘れてしまったので、
今虹がハマっている名前「ハジメ」と、外国人名検索により、「エドガー」と命名。
虹のケータイの名前はハジメです!(どうでもいい情報)

・なんでビビンバなの?
物語中にでてくる、ビビンバ。
世界観が一致しないじゃないか。はい、確かに。
シリアスっぽくないじゃないか。はい、確かに。
もっと、スパゲティとかあったじゃないか。はい、確かに。
何故ビビンバになったかというと、
虹がその時、無性に食べたかったからです。それだけです(笑

・なんで「殺し屋」じゃなくて「何でも屋」?
原作では、「万事屋」だったのですけれど、某漫画とかぶるなぁーと思い
「何でも屋」になりました。虹が知っている漫画も少ないですが・・・。
「殺し屋でいいやないか!」と思った方もいると思います。
なぜ「何でも屋」かというと、なんか縁起悪くないですか、「殺し屋」って。
「殺す」とかあまり使いたくないので、女性の台詞も「暗殺してほしいの。」になりました。
誰か(ヤンキーみたいなの)が、「てめぇ!殺す!」とか言っても、ふんふん。て感じですけど、
普通の女性が「殺して欲しいの(微笑)」てリアルで怖くないですか?あれ、虹だけ?
こんな物語作っておきながら、企画者はダーク・シリアス苦手のようです。(笑
だって企画者こんな奴だから面白い方に持っていってしまいそうになる!
そう、ビビンバがいい例ですね!笑

・多少もなにも全然ダーク・シリアスじゃない!
それは、企画者が何もないのに突然踊りだすような愉快な奴(?)だからです。(笑

・ハジメの使っている銃について
ハジメの使っている銃はRuger Super Blackhawkの44magunumの黒色希望です。
berettaもいいんですけどね、私はリボルバータイプの方が好きです。
オシャレだと・・・思いませんか・・・?
あ、別にこっち方面詳しいわけではないです。
「ぇ?詳しいの?!語ろう語ろう!」と言われましても語れませんのであしからず(笑
家に何個かモデルガンがあってSuper Blackhawkはその中の一つで、持ってみると結構ずっしりしています。
暗殺に向いている銃かどうかは微妙ですが、たぶん向いていません(笑

・ハジメについて
性格などは、たぶん中学の時の原作と変えていないと思います。
あまり覚えていないのでなんとも言えませんが・・・
ただ、友達はいなかったですね。(笑
当初はユージンを最後どうしようか迷いましたが・・・(虹が)
ハジメは迷ったりしないかなと思い、そんなこんなであんな最後になりました。

・エドガーについて
原作ではもっと重要な役割があったような気がしないでもないですが、
忘れてしまったので、ただの喋るカラス状態・・・(笑
今回はお留守番ばかりですが、原作ではついて行っていた気が・・・しなくもないです。
ということで、原作を忘れてしまったので、今回の物語のエドガーについて。
この物語は暗いのでエドガーはあえて明るくしました。
キャラクターの「女性」を出すと決めた時に、女好きにしたら面白いかな、と思い、女好き設定に。

・ハジメとエドガーについて
物語の中ではほのぼのしていますが、彼らは物語の最後にもあったように、
見張る役と見張られる役なので、微妙な関係です。

・ユージンについて
友達で登場させる際、名前をどうしようかと思った時に、
ちょうどテレビで洋画をしていて、「エリオット!」とか言ってて、
ぁー「エリオット」でいいか、と思ったら、
エドガーの「エ」と被るではないか!と、外国人名検索・・・
スクロールして探していきますと、目に入った文字は・・・
「ユージン、へぇーかっこいいな。・・・ユージンて友人だよね・・・ぷっ」笑
というわけでハジメの友人の「ユージン」に決まりました(笑
外国人名検索便利!
名前について語りすぎて文章が長くなっていく・・・
ユージンの性格はとりあえず普通の青年を再現してみました。
普通が一番難しいです・・・虹が普通ではないので(笑

・女性について
当初、おじさんにしようと思っていたのですけれど、
「それでは、物語に花が無くなるではないか!」
と思い、急遽、女性に変更。
たぶん、女性自身が依頼したのではなくて、上に誰かいる気がします。
女性は司書みたいなものかな・・・?
はいそこ女性ばっか贔屓するなとか言わない、女性の悪役も作れとか言わないっ(笑

・ユージンが「暗殺」されてしまう理由。
みな様のご想像にお任せいたします。
一応考えてはいますが、これはあえて。

 

1話では収まりきらない謎が沢山ありますが、
それはみなさまのご想像にお任せいたします。(笑


・最後に
ここまで読んでくださってありがとうございます!
「reddish brown」の本編の雰囲気をぶち壊してごめんなさいっ

そして、絵師様、CV様、応援、ご協力してくださった皆様
本当にありがとうございました!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Admin    Write    Res
忍者ブログ [PR]